ないとうクリニック

医療と介護の連携が、自宅での安心を

これまで「看護」と「介護」は、それぞれ単独で利用するサービスでした。この2つが連携し、ご自宅でも安心して暮らせるシステムを実現した「看護小規模多機能型居宅介護事業所」。「かがやき」は、仙台市内でいち早くこのシステムに取り組んだ事業所です。
通常はご自宅から通い、入浴や食事などのサービスを受ける「通いサービス」。宿泊したい時は「宿泊サービス」を。通えない時には、通所で顔なじみのスタッフがご自宅にうかがい清拭や着替え、掃除や食事などのお世話をする「訪問サービス」。体調が不安な方には、主治医と連携する看護師がご自宅へうかがう「訪問看護」を利用できます。「かがやき」は、この4つのサービスを柔軟につなぎ、利用者さまの毎日を家族と共に支えます。

サービス提供時間

サービス提供時間
かがやき食堂・居間

ご利用対象の方

要介護1~5の方で対象エリアの方(要支援・自費の方はご利用できません)
医療依存度が高い方

訪問エリア

仙台市太白区
赤石、秋保、鈎取、坪沼、八木山南、山田
仙台市青葉区
要相談

※その他の地域の場合、ご相談ください。

サービス内容

サービス内容1

看護小規模多機能型居宅介護サービスの基本は「通い」。 食事や排泄、機能訓練などのサービスを提供します。 利用時間は、利用者さま、ご家族の都合に合わせ自由に設定いただけます。 希望日時に添った送迎も行います。

サービス内容2

通うことが難しくなった場合には、以前からの「通い」や「宿泊」ご利用で、顔なじみだったスタッフが、ご自宅へ訪問。 利用者さまの安否確認や食事や入浴など、必要なケアを行います。

サービス内容3

利用者さま、ご家族のご希望があれば宿泊いただけます。 通い慣れた場所で顔なじみのスタッフが、日常生活のお世話をします。 宿泊日数は、1泊〜数日間と調節できますのでご相談ください。

サービス内容4

看護師が主治医との連携のもと、日々の体調や病状管理、床ずれの予防と処置、認知症利用者の看護など、安心して自宅療養ができるようサポートします。

サービス利用例

利用例1

尿道留置カテーテル、在宅酸素使用
足腰が弱く、歩行が困難

利用例2

胃ろう、気管切開
吸引、在宅酸素使用
車椅子使用

一日の過ごし方(一例)

1日の過ごし方
  • 写真1
    見守りの中、広々としたフロアで自由に時間を
    過ごされる利用者の皆さん。
  • 写真2
    利用者さまとスタッフと、和やかな会話が
    広がります。
  • 写真3
    人生の大先輩を前にスタッフも腕まくり。
    襟を正してお話に聞き入ります。
  • 写真4
    利用者さまの日々の体調管理には、
    細心の注意を払います。
  • 写真5
    楽しい手遊びも大切な生活リハビリです。
  • 写真6
    孫のようなスタッフとの語らいのひと時は、
    和やかに流れていきます。

施設・設備のご紹介とご利用の様子

平面図
  • 浴室
    滑りにくい床に、手すり付きのバスタブなど、使い勝手の良い浴室。
  • 居室
    自然光が注ぐ広めの宿泊スペース。ご自宅のように過ごしていただきたいと、テーブルと椅子を設置。

見守りの中で、好きな時間を
「看護」という仕事は、患者さんの人生をしっかりと看て行かなければならない責務があると思います。総合病院で27年の看護師経験を積み、急患で運ばれる高齢者の方々に出会い、高齢者施設での看護の道を選びました。特別養護老人ホームで施設長として働いた5年、大学の看護学科で学生の育成にあたった3年。全ての集大成が、「かがやき」の今にあると思っています。ベッドで天井を見つめるだけの毎日は、高齢者から考えたり動いたりする気力を奪うこともあります。時には外に出て空気を肌で感じたり、好きなものを食べに出掛けたり、眠りたい時は眠る。そんな自宅に居るような穏やかな時間を、「かがやき」で過ごしていただきたいと願っています。 以前、末期ガンを宣告され、病院から家に戻ることを選択した利用者さまがおりました。毎日の訪問看護からリハビリをはじめ、入院中に失った体力を通所できるまでに取り戻し、本屋さんに行ったり大好きなハンバーガーを食べたり。体調管理をしながらの残された1年は、奥さまと共に精一杯輝かれていたと感じています。

かがやき管理者・看護部長

かがやきメッセージ