ないとうクリニック

医療と介護の連携が、自宅での安心を

これまで「看護」と「介護」は、それぞれ単独で利用するサービスでした。この2つが連携し、ご自宅でも安心して暮らせるシステムを実現したのが「看護小規模多機能型居宅介護事業所」です。
かがやきは「通いサービス「宿泊サービス「訪問サービス」「訪問看護」の4つのサービスを柔軟につなぎ、利用者さまの毎日を家族さまと共にささえます。

サービス提供時間

サービス提供時間
かがやき食堂・居間

ご利用対象の方

要介護1~5の方で対象エリアの方
医療依存度が高い方

対象エリア

仙台市太白区
茂庭台、赤石、秋保、鈎取、坪沼、八木山南、山田など
仙台市青葉区
愛子、折立、西花苑など

※その他の地域の場合、ご相談ください。

サービス内容

サービス内容1

看護小規模多機能型居宅介護サービスの基本は「通い」。 食事や排泄、機能訓練などのサービスを提供します。 利用時間は、利用者さま、ご家族の都合に合わせ自由に設定いただけます。 希望日時に添った送迎も行います。

サービス内容2

通うことが難しくなった場合には、以前からの「通い」や「宿泊」ご利用で、顔なじみだったスタッフが、ご自宅へ訪問。 利用者さまの安否確認や食事や入浴など、必要なケアを行います。

サービス内容3

利用者さま、ご家族のご希望があれば宿泊いただけます。 通い慣れた場所で顔なじみのスタッフが、日常生活のお世話をします。 宿泊日数は、1泊〜数日間と調節できますのでご相談ください。

サービス内容4

看護師が主治医との連携のもと、日々の体調や病状管理、床ずれの予防と処置、認知症利用者の看護など、安心して自宅療養ができるようサポートします。

サービス利用例

利用例1

尿道留置カテーテル、在宅酸素使用
足腰が弱く、歩行が困難

利用例2

胃ろう、気管切開
吸引、在宅酸素使用
車椅子使用

一日の過ごし方(一例)

1日の過ごし方
  • 写真3
    嚥下機能が低下している利用者さまは、水分にとろみをつけるなど個別にサポートしています。
  • 写真6
    利用者さまとスタッフと、和やかな会話が
    広がります。
  • 写真5
    食後の口腔ケアを行いながら、利用者さまとコミュニケーションを。
  • 写真4
    感染症の拡散防止のため、
    利用者さまの手指消毒を徹底しています。
  • 写真1
    食事前にはスタッフと一緒に口腔体操をします。
  • 写真2
    コミュニケーションをとりながら、
    体調の変化をチェックしていきます。

施設・設備のご紹介とご利用の様子

平面図
  • 浴室
    滑りにくい床に、手すり付きのバスタブなど、使い勝手の良い浴室。
  • 居室
    自然光が注ぐ広めの宿泊スペース。ご自宅のように過ごしていただきたいと、テーブルと椅子を設置。

地域から頼られる「かがやき」として
「かがやき」創設から5年。立ち上げから関わってきて思うのは、利用者さまとご家族をサポートするための、医療と介護との密な連携の大切さです。クリニックの医師や看護師、居宅介護支援事業所と介護スタッフの連携は、スピーディーで堅固なものです。医療依存度の高い方が、慣れ親しんだ場所で、旧知の方々と関わりを持ちながら、イキイキと暮らしていきたい。その思いに一歩でも近づくため構築してきた「かがやき」の支援体制。前任管理者の積み上げた“信頼”を礎に、ないとうクリニック複合サービスセンターはもとより、その一端を担う「かがやき」が次に歩むべき道は、「さらに地域に開かれた場」であることと、「社会資源」としての地域貢献だと考えます。
積極的に外に出向き、多くの方々と接点を持つこと。地域の皆さんが不安を抱え込むことなく、気軽に「かがやき」に相談できる環境づくり。専門家としての的確で迅速なコーディネイトをはじめ、地域防災に関する危機管理体制づくりへの参加など、私たち「かがやき」のスタッフがお手伝いできることはたくさんあると思います。些細なことでも、お気軽にご相談ください。

かがやき管理者・西村