居宅介護支援事業所

年を重ねても、障がいを持っても、
「その人らしい生活」が送れるように

「住み慣れた自宅や思い出のある地域」で、「ご家族や近所の方々と一緒」に、出来る限り「その方らしい暮らしを継続」していただくため、利用者さまに寄り添った様々なご提案をいたします。ご自宅でのこれまでと変わりない穏やかな生活環境を整えるため、専門家による必要な援助(通い、宿泊、訪問看護、訪問介護等)を円滑に進めることが大切です。ケアマネージャー(介護支援専門員)がご自宅を訪問し、「どのような暮らしがしたいのか」など、生活の意向を伺います。その希望する生活の支障となっているものは何かを考え、最も適した自宅で受けられるサービスや保険医療・福祉サービスをご提案し、希望するサービスを手配します。またよりよく暮らせるよう、サービスの調整を継続して行います。

営業時間・休日

居宅介護支援事業所

サービス内容

居宅サービス計画の作成 居宅サービス計画作成後の便宜の供与 居宅サービスの変更 介護保険施設への紹介

  • 写真1
    定期的に行われる打ち合わせで、ケアマネージャー間の情報共有を図ります。
  • 写真2
    膨大な情報を管理し、利用者さまにより良いご提案をいたします。

自宅介護の安心を設計します
生活のしづらさや悩みは、人それぞれです。障がいや病気の重い軽いに関わらず、利用者さまが少しでも生活しやすくなるように、生活の工夫や専門の支え手につなげることが、私たちの役割です。
ご相談の内容は、杖一本・リハビリのご希望から「ご自宅でのお看取り(ターミナルケア)」や「大病を抱えながらの自宅療養」などさまざまです。どのご相談も、専門の医療担当者や介護担当者につなげることで、解消できたり楽になったりします。利用者さまやご家族から「もっと早くに、サービスを利用していれば良かった」というお話を伺うたびに、早急に専門家につなげることの大切さを感じています。当所は、医療依存度の高い利用者さまにも対応できる複合サービス体制と連携し、迅速な対応を心掛けています。
困難や負担を軽くするだけでなく、どんな状態であっても、ご本人やご家族の心や体が少しでも楽になれるよう、健康が保てるように、ご支援していくことも私たちの務めだと思っております。

居宅介護支援事業所管理者

居宅介護支援事業所メッセージ
お気軽にご相談ください