自分らしい生活を支えます。

リハビリテーションの役割と専門職

「リハビリテーション」という言葉には広い意味があります。「リハビリテーション」(rehabilitation)は、re(再び、戻す)とhabilis(適した、ふさわしい)を合わせた言葉です。つまり、障がいからの身体的な回復だけでなく、「自分らしく生きる」が重要で、そのために行われるすべての活動がリハビリテーションです。
それには、「理学療法士」(PT)、「作業療法士」(OT)、「言語聴覚士」(ST)のようなリハビリテーションの専門職をはじめとしたさまざまな職種の方々が関与し、さらには家族の方々の支えも大切になります。

ないとうクリニックのリハビリテーション

  • 通所リハビリテーション
  • 訪問看護ステーション

ないとうクリニック複合サービスセンターでは、全ての専門職(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)に職員が在籍しています。
通所リハビリテーションでは、一日を通して利用者さまに合わせた個別リハビリテーションに留まらず、物理療法(ホットパックやマイクロ波、ウォーターベッドなど)も実施しています。訪問看護ステーションでは、通院が困難な方のために職員が訪問し、リハビリテーションを行っています。また、かがやき(看護小規模多機能型居宅介護)でも、必要時には、個別に身体評価を実施し、個別プログラムを作成します。
当施設は、さまざまなカタチでリハビリテーションを受けられる体制が整っています。

専門職のご紹介 理学療法士(PT)2名・作業療法士(OT)2名・言語聴覚士(ST)1名 ※2019年4月現在の在籍者数

理学療法士とは

病気、けが、高齢、障がいなどによって、運動機能が低下した状態の方に対して、基本的な動作能力(起き上がり動作や立ち上がり動作、歩行など)の回復や維持、悪化の予防などを図るために、運動療法や物理療法(電気刺激、温熱など)を行います。

理学療法士メインビジュアル
福祉用具の選定や訓練、住宅改修のご相談まで、
運動・動作の専門性を生かし、「生活の困り事」を解決します。

理学療法の対象者は主に運動機能が低下した方です。原因はさまざまで、病気、高齢や手術による体力低下などです。最近では、高齢者の運動機能低下やメタボリックシンドロームの「予防・対策」まで理学療法の役割が広がりつつあります。また、運動・動作にかかわる専門性を生かし、福祉用具の選定や訓練、住宅改修相談も行っています。

作業療法士とは

作業とは料理・買い物などの生活活動をはじめ、趣味・運動・仕事・学習・コミュニケーションなど生活にかかわるすべての活動を総称したものです。 簡単にいうと作業療法では、「生活」に必要なリハビリを提供していくという考え方に基づき治療を展開していきます。

作業療法士メインビジュアル
決まったリハビリのメニューはありません。
生活に「必要なこと」「やりたいこと」ご相談ください。

リハビリの内容としては、関節を動かすような訓練だけにとどまらず、食事や着替えの動作練習をすることもあれば、外出やコミュニケーションの練習をすることもあります。 生活に伴う「作業」を活用してリハビリを行っていくことが、作業療法における最大の特徴です。また、心身の機能を高めるだけでなく、その人らしい生活を実現するためにリハビリを行うことも作業療法の役割です。
身体機能に障がいを抱えている方は、実際の生活に近い状況で着替えや食事などの動作練習をすることも多いです。そうした動作の獲得に必要であれば、筋力やバランスのトレーニングなど基本的な訓練も行います。
実際の生活場面を想定してリハビリを進めることが

大切になるので、住宅の調査(生活の導線や家具の配置など)の課題を整理したり、必要な福祉用具の検討も行います。認知症のある方では、記憶を思い出すための手がかり(メモ・カレンダーなど)の利用を定着させたり、認知機能のトレーニングをすることもありますが、これもリハビリの一環です。
作業療法士は決まったメニューでリハビリを行うのではなく、利用者さまひとりひとりが必要とするアプローチを個別に考え実践します。
私たちスタッフは、患者さま・利用者さまの「やりたいこと」や「必要なこと」の実現にやりがいを感じているので、リハビリを受けられるときには、抱えている困ったことやニーズについて遠慮なくお話しください。

言語聴覚士とは

言葉の話しづらさなどコミュニケーションでお困りの方や、食事の飲みづらさ・むせやすさがある方に対し、一対一のリハビリや集団でのリハビリを行っています。

言語聴覚士メインビジュアル
「食べる」「話す」「聞く」をサポート。
誤嚥(ごえん)性肺炎を予防できる方法を一緒に考えます。

コミュニケーションでお困りの方へは、まずは生活の中で困っていることをご本人やご家族からお聞きし、問題点を一緒に考えます。そして少しでも安心して暮らせるよう、問題となる部分の練習や相談を行います。また集団リハビリでは他の人との交流も図れるため、普段より能力を発揮できる方もいます。
飲み込みでお困りの方には、飲み込み状態や食事内容、環境などを評価させていただき、食べやすく誤嚥性肺炎を予防できる方法を一緒に考えます。また、障がいとなっている部分の集中的なトレーニングを行う時もあります。

ていねいな話し合いで、「自分らしい生活」を取り戻す

「仏壇の前で手を合わせたい」。それが、正座のできない患者さまの目標でした。しかし、3ヵ月のリハビリにより、以前のように正座ができるまで回復をみせたのです。「正座で仏壇に手を合わせることができたよ。ありがとう」という感謝の言葉をいただいた時は、うれしさとともに達成感がありました。

リハビリテーションは、「理学療法士」「作業療法士」「言語聴覚士」の3つの専門職を揃え、身体機能や生活動作など、利用者さまが「自分らしく生きる」ためのリハビリを行っています。スタッフが患者さまやご家族と丁寧に話し合いを重ねていき、希望をふまえた上で本人に合ったゴール設定をします。患者さまの生活環境や背景によって、回復までの道筋をすり合わせていくことで、より自分らしい生活に近づけるよう、スタッフ全員でお手伝いいたします。

通所リハビリテーション理学療法士